2018年4月29日日曜日

フェリス女学院大学 音楽学部 演奏学科「演奏のためのからだづくり」《2017年度 感想集》



===========○●
TAOプレイス通信Vol.48
2018年4月29日号
●○===========


TAOプレイスの宝生です。
新年度を迎えて、はや1ヶ月。
福士晶子指導士が
フェリス女子学院大学
音楽学部演奏学科の
非常勤講師として教壇に立って
8年目になります。
担当している科目
「演奏のためのからだづくり」
(通称「演から」)の
学生さん達からは
「福ちゃん先生」と
呼ばれています♪
授業内容は
演奏のためのからだづくり
ばかりでなく、
TAOの学びのエッセンスを
学生達にも分かりやすく
体験談などを交えながら
語られているようです。
その内容が
2017年度を受講した
女子大生の心にも
響いている様子が
授業を受けての感想からも
伝わってきます。
そこで今回は、
その一部を抜粋してシェア
したいと思います。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
フェリス女学院大学 
音楽学部 演奏学科
「演奏のためのからだづくり」
《2017年度 感想集》
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●前期、後期と
続けて履修しました。
前期が終わる頃には
いつも肩に力を入れていた
癖が取れていました。
また、
意識的にリラックスして、
呼吸法を実践してみると、
落ち着くことができたので、
私はできない訳ではないんだ!
ということに気づけました。
後期になり人数が増え、
色んな人の意見、考え、
身体の状態を知ることができた
のは、とても刺激になりました。
自分の中で変わったことは、
実践する前に自分の現状をよく知る、
客観的に見ることが
できてきたことです。
前期は自分が変化した結果を
重視していたのですが、
後期になって、
自分のこういう所がこうだ、
こういう癖があるということを
まず知ってから、
じゃあどうしたら良いのか、
周りの皆はどうしているのか、
という事を考えるように
なりました。
プロの人の演奏を見るとき、
今までは音色など
音楽的な面でしか
見ていなかったのですが、
体の運び、使い方まで
観察するようになりました。
情熱的に演奏する所と、
優しく消えるように演奏する所では
全く体の使い方が違う
という事が分かりました。
また、ピアノの演奏家が
呼吸を大事にしている事
が分かったので
授業で実践した
呼吸法や八段錦などの
ボディワークの重要性も
感じました。

大学生活も半分が終わった今、
もっと自分をよく知り、
客観的に見れるように
したいです。
これからは
自分は今なにを感じて
どうしたいのか、
どうすべきなのかを
よく考えていきたいです。

..............................................................





●この授業を受けたことで、
演奏する際に起こる
身体や心の悩みを解決する
ことができるようになった。
それと同時に印象に残った
Being「心と身体の在り方」
の土台をしっかりさせることで
Doingの技術面に発展させる
ことができる。
Onenessですべて1つになると
うまくいくこと、
これこそが、
演奏=人生において必要なこと
だと思う。
福ちゃん先生の言葉に
支えられたことが多く、
この授業を履修できて
よかったです。
短い間でしたが
本当にありがとうございました!


..............................................................





●演奏のための身体づくり
において大切なことは、
「気づくこと」が
重要なポイントと考えました。
自分のことを客観的にみて、
小さな事にも気づく
ことができたら、
他人から指摘してもらった
内容も深く理解する
ことができます。
また、
授業内で伝えてくださった
「今にいること」
「過去にとらわれない」
ことの重要性を
演奏活動を通じて実感
することができました。
人前に出ることや
目立つ事が苦手で、
緊張しやすい私は、
「自分は何てダメなんだろう」
と自分を責め続け、
身体的にも精神的にも
疲れ果てていた時だったので、
この話しを聞いたのをきっかけに
目の前が一気に明るくなりました。
これは私にとって
とても嬉しい体験でした。
それからは
「失敗を恐れずに今を生きよう」
と前向きな思考に
切り替えることができて、
演奏する時も、
「今起きている事を観察しよう」
と楽しみながら楽器を弾く
ことができるようになり、
とても楽になりました。
今後も
辛い事や過去の記憶に苦しみ
前に進めないと感じた時、
先生の伝えてくださった
「今にいる」大切さを思い出し、
今この瞬間を精一杯悔いのない
ように生活できたら…
と思っています。


..............................................................

●「演から」は
とても役立つ授業だった。
音楽で大事なことは
心でも音楽を楽しむことなのだ
と気づくことができました。
この授業を履修したのは、
人前で演奏する時に
少しでも緊張を少なく
コントロールできるように
なりたいという気持ちが
あったからです。
本番では
いつもの4分の1の力も
出せなかったので、
その自分も変われる
という希望をもって
履修しました。
授業を受けていく中で
演奏ために重要な存在が
あることにきづきました。
それは、
意識するということです。
技術的に努力すること
はもちろん大切ですが、
それと同じくらいに
どのような気持ちで弾きたいか、
どうしたら相手に伝わる
演奏ができるのか等、
自分の気持ちを、
普段の練習の時から
考えておくことで、
本番では
心の面で落ち着くことが
できるのだと学びました。
この授業のおかげで
緊張を和らげる方法を
知ることができたので
とても良かったという
気持ちでいっぱいです。
これから生きていく中で
習った事を忘れずに
自分のために活かして
いこうと思っています。
最後に、
この授業を受けた事で
自分は大丈夫なんだ、
自分でもできるんだ、
という気持ちを持つことが
できるようになったと思います。
今までの自分を変えられそうです。
この授業で習ったこと、
ずっと大切にしていきたいです。
先生、
一年間ありがとうございました。


..............................................................



●この授業は自分にとって
なくてはならない授業です。
朝一番の1限で眠くても、
この授業に来ればスッキリして
前向きな気持ちになれます。
演奏する上で
大切な事を学びながら、
福ちゃん先生からパワーを
沢山もらえるからです。
授業で学んだ事は、
演奏にとても活かせます。
脱力、グラウンディング、呼吸法
を意識することによって、
もっと良いパフォーマンスが
できると信じて
練習に励んでいます。
1年間が
あっという間だったけれど、
これからの人生に役立つ事が
たくさん学べたなと
実感しています。
また、個人的な悩みにも
忙しい中、相談にのっていただき
ありがとうございます!
先生の言葉で励まされました。
前向きに胸張って、
顔晴らして過ごして生きたいです!
先生の言葉には
とてもパワーがあって
元気になれるので、
出会いに感謝しています!
本当に1年間
ありがとうございました!!
福ちゃん先生大好きです!♡

..............................................................


最後までお読みいただき
ありがとうございました♪




★☆…………………………… 




▼ご意見やご感想をお待ちしています。
infotaopl★gmail.com
★を@変えてください 


▼バックナンバー(過去記事)
http://taoplace-news.blogspot.jp/ 


▼体験見学のお申し込み
http://www.taopl.com/contact/contact.html


▼公式ホームページ
http://www.taopl.com 


▼たおやか通信(オフィシャルブログ)
http://ameblo.jp/tao-oneness 


▼フェイスブックページ
https://www.facebook.com/taoplace/ 



★☆……………………………… 


0 件のコメント:

コメントを投稿